キャリアパスについて

キャリアパスについて

就職した後も、人生は続いていくから、「あり方、生き方」を考える。

学校で学んだことを活かすのは、社会に出てからが本当の始まり。私たち学校の使命は、将来を見据えて一人ひとりに生きていける力をつけ、社会へ送り出すことです。

本校では、インターンシップ制度、企業との交流イベントや合同企業説明会、卒業後の再就職相談など、さまざまな就職サポートの取り組みをしています。

また、80年以上の歴史を持つデザイン学校として培った、人材という財産があります。卒業生の多くが地元を中心としたデザイン業界の中核で活躍し、先輩社会人の立場から皆さんをサポートしてくれます。

人生(キャリア)には、いろいろな道(パス)があります。これからデザインを学ぶ人、一度は進学や社会経験をした後に学びたい人、卒業して現役で活躍している人。そのような人々と現役の学生が繋がり合える場所。

本校は、入学から卒業までを単に通り抜けるだけの場所でなく、人生における起点として機能したいと考えています。

卒業後のキャリアパス

卒業後のキャリアパス

卒業生インタビュー

本校教職員の9割以上は「キャリア・サポーター」

「キャリア・サポーター」とは、職業教育・キャリア教育財団が実施している、教職員向け研修プログラムの修了基準を満たした受講者に送られる称号です。これは職業教育・キャリア教育機関のなかに、「キャリアサポート」=「学生が自分自身のキャリア(仕事人生)を主体的に設計・選択・決定できるように支援する」という理念を広く浸透させるために始められ、受講する人々が教職員として身に付けるべきマインド(態度や姿勢・考え方)を養成する独自のプログラムです。教職員がキャリアに対する的確な意識を持って学生のサポートにあたります。

HOME » 学校案内 » キャリアパスについて

Copyright © 2003- 2015 Chugoku Design College All rights reserved.