保護者の皆様へ

  1. HOME
  2. 学校案内
  3. 保護者の皆様へ

FOR PARETNS保護者の皆様へ

本校デザイン高等課程を卒業すると、「高等専修学校」卒業となります。
文部科学省に高等学校卒業と同等であると認定され、卒業後は専門学校・大学・短大等への進学や就職も可能です。

  • 高等学校と同額の就学支援金制度を受けることができます。
  • 学割適用・通学定期等も高校生と同等に受けることができます。
  • 卒業時に大学入学資格が得られるため、高等学校卒業者と同様に進学することができます。
  • 高等専修学校3年制卒業であれば、高卒者と同等に扱われる人事院規制があり、 民間会社でも同様の認識が一般化しています。

高等専修学校とは?

高等専修学校は、昭和51年に新しい学校制度としてつくられた専修学校のうち、中学校卒業者を対象とした課程です。社会に出てすぐに役立つ実践的な職業教育を行い、いろいろな分野でスペシャリストを養成しています。高等学校と並ぶ正規の後期中等教育機関として「高等学校の枠に収まらない多用な教育」を行っており、現在約400校で約3.6万人が学んでいます。

全国の高等専修学校アンケート調査結果では、高等専修学校生の4割弱が生活保護世帯及び準じる世帯。また、不登校生徒数は24%、発達障がい等の生徒は16.3%(高等学校2.2%)。高等学校と比較しても桁違いに高い数値です。
調査結果からわかるように、高等専修学校の特色は普通高校での一斉指導教育が困難で「現在の教育制度ではなかなか収まらない多様な生徒」を受け入れています。高等学校と比較して、高等専修学校は多くの時間と手間をかけて一人ひとりと向き合った教育を行っています。

高等課程の7色のポイント!

  • 同じ目標、価値観の友達「ものを作ることが好き」な生徒が集まっています。
  • 「高専一貫教育」で専門課程2年次編入が可能計5年間で高等課程&専門課程を卒業。
  • 高等学校からの転入学・編入学制度在学中の転入学、編入学制度もあります。
  • 不登校経験でも大丈夫不登校を経験したことがある人でも毎日楽しく学べます。
  • 15歳からデザインの教育1年生からデザインを勉強できます。
  • 高等学校卒業資格希望者は専門技術を習得しながら高等学校卒業できます。(Wスクール可)
  • 毎日通学毎日通学して、集団生活を通じて社会性を養えます。

高等専修学校(専修学校高等課程)と高等学校の違いは?

  高等専修学校 高等学校
修業年限 1年以上
めざす資格、学ぶ内容などによって異なります。
※大学入学資格付与校は、3年以上
全日制/3年
定時制・通信制/3年以上
種類
  • 卒業後に大学入学資格が得られる「大学入学資格付与校」
  • 高等学校とのダブルスクールで学べる
    「技能連携校」※
  • そのほか、さまざまな学校
  • 主に普通教科を学ぶ「普通科」
  • 主に普通教科と1つの分野の専門教科を学ぶ「専門学科」
  • 普通教科と専門教科のさまざまな科目の中から選んで幅広く学ぶ「総合学科」
教科・科目 それぞれの学校ごとに違いますが、一般的には
めざす職業分野の知識や技能を学ぶ専門科目が中心になります。
授業は、座学だけでなく、実習・実技に多くの時間が割り振られます。

※大学入学資格付与校では、卒業までに、普通科目も420時間以上学びます。(卒業までの総授業時間数は、2,590時間以上(普通科目を含む))
【普通教科】
国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、芸術、外国語、家庭、情報
※普通科では、これらの教科を中心に、卒業までに74単位以上を習得します。
※専門学科では、必修科目として、これらの教科から最低31単位を修得する必要があります。


【専門教科】
農業、工業、商業、水産など
※専門学科では、卒業に必要な単位(74単位)のうち、専門教科から25単位以上を修得します。

(出典:文部科学省 生涯学習局『高等専修学校』2011年)

  • ※技能連携制度は、高等学校の定時制又は通信制の課程に在学する生徒が、技能教育のための一定の要件を備えた施設で教育を受けた場合に、その学習を、高等学校における科目の履修とみなす制度です。
    現在、高等専修学校の半数近く(44%)が、高等学校と技能連携を行っており、これらの学校では、高等専修学校と高等学校のカリキュラムを、同時に効率的に学び、卒業時には2つの学校の卒業資格を得られます。

専修学校制度と本校デザイン高等課程について

デザイン高等課程で実現できる進路

本校は大学入学資格付与指定校です

高等専修学校で学ぶ科目は、実践的な専門科目が中心です。知識取得に励むうちに、「すぐに就職するのではなく、さらに深く学んでレベルアップしたい」と考えることも。高等専修学校卒業後の進路は、就職の他に、一定の条件により専門学校(専修学校専門課程)・大学・短期大学への道がひらけています。

大学入学資格付与(高等学校卒業程度)指定校制度

高等専修学校のうち、
(1)修業年限が3年以上 (2)卒業に必要な総授業時間数が2,590時間以上
などの要件を満たし、かつ文部科学大臣が指定した学科の修了者は、高等学校卒業者と同様に大学入学資格が得られます。

生徒保護者からのメッセージ

本校を卒業した生徒保護者からのメッセージ

子供が自信を持てるようになりました。

中学校ではほぼ不登校だったのですが、大好きな絵が描ける中国デザインに入学してすぐに学校に通えるようになれました。自分のやりたいことができることで自信にもなったらしく活動も積極的になりました。家でも学校の話などをよく聞き、家族での会話も増えました。彼女の良いところを伸ばしてくれる先生方の指導力に感謝をしています。

高等課程ファッション専攻 卒業生 保護者より

友達に恵まれ、3年間通うことができました。

昔から絵を描くのが何よりも好きで、オープンキャンパスには何度も足を運んだのを覚えています。入学してから、同じ目標を持った友人にも恵まれ、彼女の描く絵の雰囲気が日に日に良くなって行くのが実感できました。
海外研修では大丈夫かと心配もしましたが、本当に楽しく、自信にもなったらしく帰ってきてからは、物事に柔軟に対応できるようになってきたと思います。本人はよく頑張っているので本人が望む目標をこれからも応援していきたいと思います。

高等課程デザイン専攻 卒業生 保護者より

私自身、中国デザイン専門学校の卒業生です。

中学生活では途中からほぼ不登校だった娘です。家ではただ絵を描く事で苦しい胸の中の想いを発散させていたようでした。進学を考える際、早い段階で中国デザイン専門学校を選択していました。
私自身、中国デザイン専門学校の卒業生です。その学生生活は本当に楽しい日々でした。きっと娘なら大丈夫と不安はありませんでした。学校の雰囲気、校風、先生方、友人達にも助けていただきながら好きなことを学ぶということで、自分に少しずつ自信を持ち、前向きになれてきたと思います。今しか出来ないことに何でもチャレンジして楽しんでほしいと思っています。この学校に入学できたことに感謝の一言です。

高等課程デザイン専攻 卒業生 保護者より

本校在学中の生徒保護者からメッセージ

個性を伸ばしてくれます。

娘は小学校から不登校だったので、本当に学校に通えのるかと不安でしたが、本人の好きな科目もたくさんあり、友達もできて楽しく通えているようです。現在は将来の進路も自分で考えれるようになり、家族や先生にも相談しながら夢を膨らませています。授業カリキュラムも無理なく組まれているので、本人のペースに合わしてくださるのが助かります。

高等課程デザイン専攻 在校生 保護者より

成長していく姿が頼もしいです。

本人は毎日学校に行くのが本当に楽しくて、いつも生き生きしています。以前は一人で買い物を行くことも不安だったのですが、今ではなんでも自分で行動を起こすことができるようになり、学友会にも入って、専門課程の先輩たちと一緒に学校行事のお手伝いをしています。またアルバイトを始めたりと日に日に成長していく姿が見られて家族としても学校の話を楽しんで聞いています。たくさん後輩も入って来たので、良い先輩になって学校生活を楽しんでいってもらいたいです。

高等課程デザイン専攻 在校生 保護者より

新しい価値観を見つけることができました。

義務教育の中で感じていた学校生活への不安が、この学校に入って一瞬にして無くなりました。先生たちの、生徒に対するきめ細やかで暖かい対応から、子育てについて様々な気づきを与えてくれました。
学歴や合理的な結果を求める世の中で、ものづくりを通して精神的な豊かさを教えてくださる中国デザインに本当に感謝です。この学校のことをもっと多くの人に知っていただきたいです。

高等課程ファッション専攻 在校生 保護者より

家族の会話も増えました!

娘は高校からの編入で2年生から入学しました。以前の高校では、先生との衝突が絶えないようでしたがこの学校に入学してからは、先生方が娘の良いところを見つけ、個性を尊重してくださるので本人も通いやすく、学校も楽しいようです。3年生になると就職クラスもあり、早くから就職に関してのサポートをしてくださるのも安心しています。
家で学校での様子を教えてくれるようになり、家族の会話も増えました。

高等課程デザイン専攻 在校生 保護者より