ファッションデザイン科 インタビュー

ファッションデザイン科 インタビュー

ファッションブライダル専攻 2年 作本珠里さん

ファッションブライダル専攻 2年

作本珠里さん

屋久島おおぞら高等学校
KTC学園岡山キャンパス出身

私の世界観に「飲み込まれそう!」と感じさせるような服を作りたい。

昔から変わったモノが大好き。だから自分だけの世界観を作りたくて、中国デザイン専門学校を選んびました。

私の専攻では、ドレスのデザインからパターン、縫製、コーディネートまで、すべての作業工程を学びながら、技術も習得できるのが魅力です。仲間とチームを組み、ファッションショーの衣装製作も大切な経験です。

先生方は厳しい反面、私たち学生のことを大切に考えてくれる、尊敬できる方ばかり。ここでファッションを学ぶ3年間はとても貴重な時間になると思います。

デニムジーンズ専攻 3年 大森まなみさん

デニムジーンズ専攻 3年

大森まなみさん

岡山県立興陽高等学校出身

素敵な模様や服、いろんな人と出会い、アイデアを”モノ”にするって楽しい!

誰も思いつかない「ひらめき」を「モノ」として提供したときに驚かれることがうれしくて、この気持ちを何か仕事に活かせないかと思い、中国デザイン専門学校を選びました。

ここでは、縫製や服飾の専門知識を習得できるだけでなく、実際に縫製工場の見学など体験型の授業も豊富。趣味も価値観もさまざま、個性的でユニークな仲間と感性を磨き合える点も魅力です。さらに、動画クリエイター専攻(旧:アニメーション専攻)などいろんな科の人とも交流でき、アイデアの発想共有ができるのは、この学校ならではの楽しさです。

<内定先>株式会社トンボ 横田美帆さん

<内定先>株式会社トンボ

ファッションデザイン専攻 3年

横田美帆さん

岡山県立興陽高等学校出身

3年生の3月から、学校の求人募集や、一般の求人サイトで就職先を探しました。(株)トンボを選んだ理由は、今まで身につけてきた学生服を「今度は作る側になりたい」と思ったから。

試験や面接は大学生と一緒だったので、専門学校で学んできたことをしっかりアピールしたら、早い時期に決まりました。1年生からボランティアや委員活動などを頑張り、面接で話せる"ネタ"を作っておいたことがスムーズな就職活動につながったと思います。

平成24年度卒業 ファッションデザインコース(現:ファションデザイン専攻) 杉本朋香さん

株式会社カイタックファミリー
婦人・子供ナイティー営業部 婦人ナイティー部 量販店課

平成24年度卒業 ファッションデザインコース(現:ファションデザイン専攻)

杉本朋香さん

岡山県立備前緑陽高等学校出身

新卒で入社し、現在は婦人パジャマの企画をしています。紙で見るデザイン画と実際の製品では印象がガラリと変わることもあり、いいものが出来上がった時はとてもワクワクします。デザインはイラストレーターというソフトを使って絵型や柄を入れるのですが、学校で学んでいたおかげで基本的な操作には困らなかったです。今は製品を作る中国工場とのやりとりが多く、「色を直してほしい」などの要望を簡潔に伝える難しさを感じています。

学生時代で一番印象的なのはファッションショー。モデルとしてランウェイも歩いたので、色々な服を着させてもらえたことがとても楽しかったです。仕事で服を作っていてもファッションショーをすることはないので、学校にいたからできたことだったと思います。

縫製やパターンを引くことが苦手でしたが、諦めず続けて今アパレルデザイナーとして仕事ができています。好きなことを諦めず頑張ってください。

平成27年度卒業 ファッションデザインコース(現:ファションデザイン専攻) 稲川和至さん

株式会社ベティスミス
営業・企画

平成27年度卒業 ファッションデザインコース(現:ファションデザイン専攻)

稲川和至さん

岡山市立岡山後楽館高等学校出身

元々デザインやパターンに興味がありました。学校に企画職での求人募集があり、会社見学での雰囲気に惹かれすぐに面接してもらい、今の会社に入りました。企画では商品サンプルの作成などを手伝っており、現在は営業を勉強中。新製品のサンプルのパンツを何本もお試しで履けるのはワクワクするし楽しみです。

学生の頃はファッションショーやコンテストで発表する自分の作った服を通して、まるで自分という人間を見られているような気持ちでした。頭で考えているものを形にすることの難しさは今も同じですが、学校で服作りを学び「自分で服が作れるようになった」ということは、今とても役立っていると思います。

ショップのお客様や取引先の相手など、お客様とのコミュニケーションは毎回勉強ですが、何を求められているのかを実感する場でもあります。ものづくりの仕事を目指すなら、人の意見を聞き、そして自分の好きなことをしてください。

HOME » 学科紹介 » ファッションデザイン科 » インタビュー

Copyright © 2003- 2015 Chugoku Design College All rights reserved.