先輩からのアドバイス

先輩からのアドバイス

プロの方々から聞く、業界のこと、必要な人材のこと。

皆様からメッセージをいただきました。

ファッション

やりたいことや目標を明確に持って、コツコツ粘り強く取り組む力を。

各学校が独自の魅力ふくりに力を入れている中で、学校制服業界は制服を通してそのお手伝いをしています。学校の希望にどこまで近づけるかは、そのニーズをしっかり把握し、それに合った企画提案をする力が必要です。私たちの仕事の場では、自分の個性を持ちながらも、相手を思いやり、他人のために汗を流せる人材が求められています。

斉藤寛司

ユニフォームの企画・製造・販売

株式会社トンボ
総務人事課 課長 斉藤寛司さん

デニムジーンズ

ファッション業界を中心に多くの優秀な人材を育成する学校。

世界のファッション業界でも「日本発信」が重要視され、日本人クリエイターはますます注目の的に。これからはグローバルな視点と、日本人らしい独自性や伝統文化を取り入れた、個性的なファッションが創造できる人材が求められます。日本発のデニムジーンズ科を設けるなどの先取性・特異性に富むチュウデで、確かな技術力と人間性を養ってください。

眞鍋寿男

桃太郎ジーンズ製造・販売

ジャパンブルーグループ
代表取締役 眞鍋寿男さん

グラフィック

デザインは個人が成長する仕事。いい仕事を選んで修行しよう。

日本の高いデザイン力が多くの国に必要とされる時代、デザイナーには高度な発想と知識が要求されます。また、ペーパーレス化に伴いアイデアデザインの必要性もますます高くなっています。企業のデザインをする以上、デザイナーには経営知識も求められますし、プレゼンテーション能力も重要です。インターシップに積極的に参加し、現実を体感しましょう。

井上勲

デザイン企画制作・コンサルタント

株式会社アイディーエイ
代表 井上勲さん


モノづくりが大好きなので、仕事でも趣味でも関わり続けたい。

学生時代に学んだことの一つは、ラフを描くことの大切さ。方向性が確認できて「伝えたいこと」が明確になり、作業効率も上がります。国内外の店舗に私のデザインしたパッケージが並んだり、全国版の新聞や雑誌に広告が掲載されたりするのは、プレッシャーを感じると同時に向上心を刺激されます。製造や営業などいろいろな部門の方と関わることで視野も広がりました。岡山が好きなので、地元のデザイン力の活性化の力になりたいです。

吉澤尚美

株式会社 宗家 源 吉兆庵
マーケティング部 マーチャンダイジング室 デザイン制作
吉澤尚美さん

アニメ・コミック

基礎からきちんと力を付け、強い個性と人間力を持つ作家に。

日本の主要な文化として、世界から注目されるマンガは、成熟の域に達しつつある反面、新しいものが生まれにくくなっています。マンガやアニメに満たされて育った世代が生み出す作品は、どこか画一的なものになりがちな現状。歴史あるデザイン学校らしく、基礎からきちんと指導されるチュウデから、より強い個性や人間力を持った作家が登場することを期待します。

西崎泰正

マンガ家
西崎泰正さん


この仕事に大切なのは、「絵を描くのが好き」なこと。

「このままじゃ卒業できないぞ!」と言われながらも、将来への信念は持ちつつ、ほとんど遊んだ学生時代。その上に現在があります。この仕事は、夢とか頑張りだけでは続きません。眠れない、キツい、命を削っている…だが、楽しい。日本だけでなく、日本に繋がる世界中の人を楽しませることができる仕事です。「お金がもらえなくても俺は描く!」と言っていた時期もありましたが、絵を描くためにもお金は大事。目指せ、印税生活ッ!

渡辺とおる

スタジオたくらんけ所属
イラストレーター、漫画家、アニメーター
渡辺とおるさん

プロダクト

これからの文化の中心はローカル。それに対応できる人材を育てる。

不景気の今、アートは地域と連携した町おこしの起爆剤にもなっています。そんな業界でこれから求められる人材は、「面白いことを自ら楽しみながら企画する人」「常識やタブーを打破できる人」「事と人をジョイントできる人」。自由な発想ができるチュウデの学生は、モノづくりの面白さを知っています。ローカル発の文化を担う人材になってほしいですね。

大島よしふみ

彫刻・モニュメント制作
アートイベント企画・プロデュース

WORK SPACE G
主宰 大島よしふみさん


選んだ道に誇りを持ち、自分の強みを発揮したい。

すべての原動力は「人に喜んでもらえる」こと。デザイナーとして、常識にとらわれることなく柔軟な発想力を磨き、「非常識を常識に変えていく」を実践したいですね。学校で学んだことで、現在の仕事にダイレクトに生かされているものの一つは、プレゼンテーションやコミュニケーション能力です。デザインのノウハウだけでなく、人やモノとの接し方や考え方が、人間としての一層の成長に繋がるのだと実感しています。

川上駿介

大久保体器株式会社
設計課企画係 遊具デザイナー
川上駿介さん

建築

辛い仕事も乗り越えられるのは、仕事に夢を持って前向きだから。

チュウデは、建築士の資格取得だけを目標にせず、各人の個性を大事にし、モノづくりの過程を大切にする学校です。私の事務所で働くチュウデの卒業生も建築が好きです。それが、学校で学んでほしいことで、採用した理由でもあります。どの業界でも求められるのは、仕事に夢を持った前向きな人。得意とする分野を開拓し極めることが、生き残る鍵です。

佐藤基宏

設計事務所

佐藤基宏建築アトリエ
代表 佐藤基宏さん

HOME » 就職情報 » 先輩からのアドバイス

Copyright © 2003- 2015 Chugoku Design College All rights reserved.