保護者の皆様へ

保護者の皆様へ

本校デザイン高等課程を卒業すると、「高等専修学校」卒業となります。文部科学省に高等学校卒業と同等であると認定され、卒業後は専門学校・大学・短大等への進学や就職も可能です。

高等専修学校(専修学校高等課程)と高等学校の違いは?

  高等専修学校 高等学校
修業年限 1年以上
めざす資格、学ぶ内容などによって異なります。
※大学入学資格付与校は、3年以上
全日制/3年
定時制・通信制/3年以上
種類
  • 卒業後に大学入学資格が得られる「大学入学資格付与校」
  • 高等学校とのダブルスクールで学べる
    「技能連携校」※
  • そのほか、さまざまな学校
  • 主に普通教科を学ぶ「普通科」
  • 主に普通教科と1つの分野の専門教科を学ぶ「専門学科」
  • 普通教科と専門教科のさまざまな科目の中から選んで幅広く学ぶ「総合学科」
教科・科目 それぞれの学校ごとに違いますが、一般的には
めざす職業分野の知識や技能を学ぶ専門科目が中心になります。
授業は、座学だけでなく、実習・実技に多くの時間が割り振られます。

※大学入学資格付与校では、卒業までに、普通科目も420時間以上学びます。(卒業までの総授業時間数は、2,590時間以上(普通科目を含む))
【普通教科】
国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、芸術、外国語、家庭、情報
※普通科では、これらの教科を中心に、卒業までに74単位以上を習得します。
※専門学科では、必修科目として、これらの教科から最低31単位を修得する必要があります。


【専門教科】
農業、工業、商業、水産など
※専門学科では、卒業に必要な単位(74単位)のうち、専門教科から25単位以上を修得します。

(出典:文部科学省 生涯学習局『高等専修学校』2011年)

専修学校制度と本校デザイン高等課程について

専修学校制度と本校デザイン高等課程について

本校は大学入学資格付与指定校です

高等専修学校で学ぶ科目は、実践的な専門科目が中心です。知識取得に励むうちに、「すぐに就職するのではなく、さらに深く学んでレベルアップしたい」と考えることも。高等専修学校卒業後の進路は、就職の他に、一定の条件により専門学校(専修学校専門課程)・大学・短期大学への道がひらけています。

大学入学資格付与(高等学校卒業程度)指定校制度

高等専修学校のうち、
(1)修業年限が3年以上 (2)卒業に必要な総授業時間数が2,590時間以上
などの要件を満たし、かつ文部科学大臣が指定した学科の修了者は、高等学校卒業者と同様に大学入学資格が得られます。

大学入学資格付与指定校制度

高等課程の7色のポイント!

  1. 同じ目標、価値観の友達 「ものを作ることが好き」な生徒が集まっています。
  2. 「高専一貫教育」で専門課程2年次編入が可能 計5年間で好投課程&専門課程を卒業。
  3. 高等学校からの転入学・編入学制度 在学中の転入学、編入学制度もあります。
  4. 不登校経験でも大丈夫 不登校を経験したことがある人でも毎日楽しく学べます。
  5. 15歳からデザインの教育 1年生からデザインの勉強をできます。
  6. 高等学校卒業資格 希望者は専門技術を習得しながら高等学校卒業できます。(Wスクール可)
  7. 毎日通学 毎日通学して、集団生活を通じて社会性を養えます。

HOME » 学科紹介 » 高等課程 基礎デザイン科 » 保護者の皆様へ

Copyright © 2003- 2015 Chugoku Design College All rights reserved.