チュウデと豹柄と私。 -校長ブログ-

チュウデと豹柄と私。 -校長ブログ-

校長ブログ〜ベトナム視察報告〜

2019年05月29日

日本政府は2008年、「留学生30万人計画」を発表しました。

これは、日本への留学生を、2020年までに、当時の14万人から30万人に増やそうという計画です。2020年を前に201712月末時点で、すでに達成され留学生は31万を超えました。

専門学校留学生はここ5年間で急増しました。

これまでは中国・韓国・台湾等出身留学生の受入れが多数でしたが、今ではベトナム・ネパール等東南アジアからの非漢字圏留学生が急増しています。

特にベトナム留学生は飛躍的に増加しておりこの5年間で

10倍増の現在約8万人で、ベトナム出身者は留学生数第1位中国に次ぐ第2位です。

この2カ国で全留学生の6割以上を占めています。

中国デザイン・島根デザイン専門学校はこれまで積極的には留学生の受入れをおこなっていませんでしたが、加速するグローバル化・多様化に対応する教育を知るためにこのたび5/12~16の日程で

「人材」をテーマにしたベトナム視察に参加しました。

現地の日系IT企業・日本語教育機関(日本語学校・技能実習生訓練センターなど)をめまぐるしいスケジュールで視察しました。

 

 

「NKDV」 事業内容/日本語学校・日本留学コンサルティング・日本企業ベトナム進出サポート他。

設立6年  やりて40代女性経営者    昨年8月5階建ビル買取オシャレにリノベーション

NKDV1.jpeg

NKDV3.jpeg

 

 

IT企業「パイオニアソフト・ベトナム」  事業内容/東京・福岡・ハノイに所在する国際IT企業。

ハノイでは、主にオフショア開発を展開している。日本人社長・スタッフ20名は全てベトナム人で20〜30代。幹部は流暢な日本語で会社のプレゼンをしてくださいました。ベトナムも日本同様にIT人材不足だが、急成長している。ベトナムではIT企業の給与は高い。

PSV1.jpeg

PSV2.jpeg

 

 

技能実習生送り出し機関「バチメックス」の訓練センター並びに日本語学校。会社全体でベトナムに3箇所の施設があるが、年間2000名を日本に送り出している。ちなみにベトナムより日本にいく技能実習生は年間25万人。このクラス30名女子全員は、6月より名古屋にあるプラスティック工場への実習が決まっている。学内および建物に掲示されている、言葉に驚いた。この学校が一番衝撃的だった。帰国日の福岡空港では、早速この制服を着た男子数人がいました。この学校もやりて30代女性校長。

GINOU4.jpeg

GINOU1.jpeg

GINOU2.jpeg

GINOU3.jpeg

 

「ハノイ日本国際学校」幼稚園から高校まで備える、学費8万円以上の富裕層ベトナム人向け。日本語コースと英語コースがあるが、日本人の先生によるオール日本語の授業。日本の道徳心を重んじ、建学の精神は「叡智の達成」。小学校3年生のクラス習字授業。私よりお習字が上手い。幼稚園では日本人女子の若い先生がクラス担任。全て日本語で話し、そばに通訳の男性がいた。日本におけるアメリカンスクールの日本語版。素晴らしい英才教育がおこなわれており、将来が楽しみな子供達でした。

JIS2.jpeg

JIS3.jpeg

JIS4.jpeg

 

 

ベトナム南部、ホーチミン市より北東約30kmにある「ビエンホア NARA日本語学校」。こちらの校長も、やりて30代女性経営者でビエンホアに学校を2箇所設立。

小規模クラスだったが、学生は圧倒的に女性が多い。年齢も18歳から30代まで様々で、中には技能実習経験者もいた。こちらの日本人男性先生は元日本の広告代理店にお勤めで、イラストが非常に上手い。情報(言葉の表記)をデザイン・イラストにされていて、わかりやすい授業だった。大変特色ある日本語学校でした。

NARA1.jpg

NARA4.jpg

NARA3.jpg

 

一般的にベトナム人は「勤勉」や「真面目」そして、日本人と同じく「器用さ」を持ち合わせているといわれています。さらに、日本の人口の平均年齢が約47歳なのに対して、ベトナムの人口の平均年齢は30歳です。活気あふれる国の風土でした。何よりも誰よりも「家族」が一番で大事です。家族は仕事より大切で、家族のために日本で働きたい、または日本語を習得してベトナムの

日系企業で働きたい、そして仕送りをして家族の生活を支えるという強い志があります。3年前からベトナムで働く日系企業社長様は、「ベトナムは30〜40年前の日本」「日本の『当たり前』という先入観は通用しない」「ベトナム人はシャイな方が多い」「仕事より家族優先」という感想でした。

日本の外国人労働者を国籍別に見ると、中国人約35万人に次いで、ベトナム人約17万人の順となり、非常に多くのベトナム人が日本で働いている状況です。今回の視察で、日本を支えてくださっているベトナムを知り、これから多国籍の方々と共存していかなければならない現状を知りました。

ベトナムはやりて女性経営者が多く、皆さんまだ若いのに大変関心いたしました。

そして 今回の視察で ベトナム料理の美味しさも知りました。

 

 


最近の記事

  • 校長ブログ〜ベトナム視察報告〜
    2019年5月29日
    校長ブログ〜ベトナム視察報告〜
    日本政府は2008年、「留学生30万人計画」を発表しました。 これは、日本への留学生を、2020年までに、当時の14万人から30万人に増やそうという計画です。2020年を前に2017年12月末時点で、すでに達成され留学生は31万を超えました。 専門学校留学生はここ5年間で急増しました。 これまでは中国・韓国・台湾等出身留学生の受入れが多数でしたが、今ではベトナム・ネパール等東南アジアからの非漢字圏留学生が急増しています。 特...続きを読む
  • 校長★マチナカギカイ報告
    2019年3月29日
    校長★マチナカギカイ報告
    第18回マチナカギカイ 2019.3.16(土) 14:00  〜 16:00  場所:蔭涼寺 テーマ: かろやかに街をDesignする 女性目線からの岡山   「ももちゃりは なぜ 桃色ではないのか?」 「週末の イオンおかやま 周囲は交通渋滞が激しすぎる!」 など貴重なコメントを発言しました(笑) いえいえちゃんと真面目に  「岡山市...続きを読む
  • チュウデ校長★第18回マチナカギカイ スピーカーします
    2019年3月11日
    チュウデ校長★第18回マチナカギカイ スピーカーします
    第18回マチナカギカイ 2019.3.16(土) 14:00 start 〜 16:00 終了 場所:蔭涼寺 テーマ: かろやかに街をDesignする 女性目線からの岡山 スピーカーします。 当日の様子はまた報告します。 ...続きを読む
  • 校長ブログ★2019.新年のご挨拶
    2019年1月 4日
    校長ブログ★2019.新年のご挨拶
    皆様、新年あけましておめでとうございます。 いよいよ新年、2019年が始まりました。 チュウデは本日 仕事始めです。   *今年の干支は 【己亥  つちのとい】です。 60年前の1959年己亥の年には 前年から始まった岩戸景気の中にあって高度経済成長の時代。 この年を代表する出来事が、皇太子様と美智子様のご成婚。 60年前に結婚された当時の皇太子が、60年後の2...続きを読む
  • パリ市内観光
    2018年7月14日
    パリ市内観光
    この度の豪雨により被災された皆さまへ謹んでお見舞い申し上げます。   このような状況下 この海外研修出発日7/7は 岡山から関西空港まで  移動する手段がなく 延期を余儀なくされていましたが 最後最後まで あきらめず 岡山駅改札で待機していたところ 新幹線が復旧し なんとか出発することができました。   私も阪神淡路大震災を経験したひとりです。 被災されたみなさまのお気持ちはお察しいたいます。 ...続きを読む

HOME » チュウデと豹柄と私。 -校長ブログ- » 校長ブログ〜ベトナム視察報告〜

Copyright © 2003- 2015 Chugoku Design College All rights reserved.